Baldanders.info

OSD に準拠した IPA フォント Ver.3

4/20 にリリースした IPA フォント Ver.3 のライセンスが面白いことになっている。

ダウンロードページにライセンス(IPA Font License Agreement v1.0)の全文が載っている。 また, ダウンロードページの以下の記述によると, このライセンスは OSD (Open Source Definition)に準拠しているらしい。

「IPAでは2003年末よりIPAが全権利を所有する「IPAフォント」を公開して参りました。 今般、IPAフォントを、日本語を扱う情報処理システムのための基盤として多くの方々に活用していただけるよう、フォントのフォーマットとしてデファクトスタンダードである OpenTypeフォントフォーマットを採用し、「IPAフォント(Ver.3)」としてリリースいたします。 また、フォントに関するオープンな開発体制の構築を可能とし、また、オープンソースライセンスとしての国際的な慣習にも整合性を持つライセンス、“IPAフォントライセンス”、を新たに作成し、このリリースに適用します。 同ライセンスは2009年4月1日に、Open Source Initiative(OSI)による「オープンソース定義(OSD)」に準拠したものとしてOSIより認定を受けております。
IPA releases new version (Ver.3) of IPA Font of which IPA owns all rights and has been providing since 2003. This new version has adopted OpenType format so that various users can enjoy its high quality Japanese character set on various platforms. In addition to the change of the font format, IPA has developed a new end user license, “IPA Font License”, and has applied it to the new release. The new license is intended to enable establishing open developing environment for fonts and has been approved as one of the Open Source Definition (OSD) compliant licenses by Open Source Initiative (OSI).」

素晴らしい! IPA フォントについては, 以前のバージョンでも再配布については認められていたものの, 改変等については許可されていなかったんだよね。 いや, これは面白い。

ちなみに IPA フォント Ver.3 は JIS X 0213:2004 に準拠している。