Baldanders.info

LaTeX2e に関する覚え書き

色々思い出しながら書いている。 どうせまた忘れるので,覚えてる内にメモとして残しておく。

LaTeX2e には基本的に3つのドキュメントクラスがある。 article, report, book の3つだ。 ただし pLaTeX2e 新ドキュメントクラスには jsarticle と jsbook しかない。 report に相当するものはないのだ。 ただし jsbook に “report” のオプションを付けることで report クラス相当の出力にできる。 たとえば report スタイル,10ポイントフォントサイズ,A4紙サイズにしたければ,ドキュメントクラスを以下のように指定する。

\documentclass[report,10pt,a4paper]{jsbook}

物書きの方でもない限り book クラス相当を使うことはめったにないと思うけど, ドキュメントの構成を章(chapter)・節(section)の構成にしたいことはよくあると思うので, そういうときにはこの report オプションは便利だろう。

ついでに,章・節の構成の場合,序文や後書きには章番号を付けたくないものだ。 そういうときは \frontmatter\backmatter を使うと便利だ。 たとえば,こんな感じの構成になるだろう。

\documentclass[report,10pt,a4paper]{jsbook}
\usepackage{makeidx}
\makeindex
\title{\LaTeX2e に関する覚え書き}
\author{Spiegel}
\date{2011年 10月1日}

\begin{document}

\frontmatter % 序文の開始

\maketitle
\tableofcontents
\include{intro} % はじめに

\mainmatter % 本文の開始

\include{chap1} % 第1章
\include{chap2} % 第2章
\include{chap3} % 第3章

\appendix % 付録

\include{appeA} % 付録A
\include{appeB} % 付録B

\backmatter % 後書きの開始

\include{postscript} % あとがき
\printindex

\end{document}

さて,出力結果を PDF に変換する際(ここでは dvipdfmx を使うことを想定している), Windows の標準環境でインストールした状態では日本語フォントは埋め込まれない。 パソコンで読む際は PDF リーダーが適切なフォントを選択して表示してくれるので特に問題ないし,ファイルサイズも節約できるのでいいのだが, iPad のような携帯端末では意図通りに表示してくれないようだ(アプリによるのかも知れないが,全部ゴシック体で表示するのは辛いんだってば)。 dvipdfmx 用のマップファイルは $TEXMF/fonts/map/dvipdfm/base/cid-x.map なのだが,これを直接編集するのは美しくない気がするので,埋め込み用の指定ファイルを作って dvipdfmx 起動時に明示的に指定するのがよいだろう。

たとえば,フリー(OSD 準拠)の IPA フォントを使う場合には, ipa.map (名前は適当)というファイルを作って以下の記述をする。

rml  H ipam.ttf
rmlv V ipam.ttf
gbm  H ipag.ttf
gbmv V ipag.ttf

(IPAex フォントを使う場合には ipam → ipaexm , ipag → ipaexg と置き換える)

dvipdfmx 起動時には以下のような感じで -f オプションでファイルを指定する。

> dvipdfmx -f ipa.map -z9 -o document.pdf document.dvi

ちなみに -z9 は圧縮オプション。 9指定で最大限圧縮してくれる。

余談だが, Windows 標準のMS明朝やMSゴシックは昔は商用利用できない(別途契約が必要)と言われてたが,今では Windows 環境で作成する限りフリー(無料)で利用できるようだ。 めでたい! MS明朝やMSゴシックを埋め込む場合には以下の内容のファイルを作成して dvipdfmx 起動時に指定する。

rml  H :0:msmincho.ttc
rmlv V :0:msmincho.ttc
gbm  H :0:msgothic.ttc
gbmv V :0:msgothic.ttc

まぁでも,いまさらMS明朝やMSゴシックを使う人はいないかな。

参考:

photo
[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門
奥村 晴彦
技術評論社 2010-07-07
評価

LaTeX2e辞典 用法・用例逆引きリファレンス (DESKTOP REFERENCE) LATEXはじめの一歩―Windows Vista/XP対応 (やさしいプログラミング) 独習 LaTeX2ε Emacsテクニックバイブル ~作業効率をカイゼンする200の技~ 楽々LATEX 第2版

by G-Tools , 2011/10/01