Baldanders.info

GnuPG 1.4.13 released

GnuPG のアナウンスをうっかり見落としてたみたいで(おかしいなぁ),人様のブログで 1.4 系の GnuPG がアップデートされているのに気づきました。

今回の目玉はこれ:

Add support for the old cipher algorithm IDEA.

お帰りなさい, IDEA!

まぁ今となっては使う局面はないんだけどね。 でも,昔の PGP 暗号化データを持っていて IDEA の扱いに苦慮してた人たちには朗報だと思う。

最新版 GnuPG のバージョン表記は以下のとおり:

C:\>gpg --version
gpg (GnuPG) 1.4.13
Copyright (C) 2012 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

Home: ********
サポートしているアルゴリズム:
公開鍵: RSA, RSA-E, RSA-S, ELG-E, DSA
暗号法: IDEA, 3DES, CAST5, BLOWFISH, AES, AES192, AES256, TWOFISH,
        CAMELLIA128, CAMELLIA192, CAMELLIA256
ハッシュ: MD5, SHA1, RIPEMD160, SHA256, SHA384, SHA512, SHA224
圧縮: 無圧縮, ZIP, ZLIB, BZIP2

おおっ, IDEA がちゃんとある。

ところで,余談なのだが,白田秀彰さんの「ハッカー倫理と情報公開・プライバシー」が EPUB 化されているけど,是非リリース年を入れて欲しい。 Web ページには「1995年3月」とあるが PDF 版には1998年とある。 どちらを底本としているのか知らないが(多分 Web 版?)年を書かないのはもったいない。

いや「ハッカー倫理と情報公開・プライバシー」で PGP について言及されていて,「そうだよなぁ。昔は大変だったよなぁ」なんて妙な感慨に耽ってしまった。 何が大変だったのか,詳しくはスティーブン・レビー氏の『暗号化』を読むべし。

photo
暗号化 プライバシーを救った反乱者たち
スティーブン・レビー 斉藤 隆央
紀伊國屋書店 2002-02-16
評価

ハッカーズ カッコウはコンピュータに卵を産む〈下〉 新版暗号技術入門 秘密の国のアリス グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ それがぼくには楽しかったから (小プロ・ブックス)

by G-Tools , 2012/12/22