Baldanders.info

NIKKEI is Worst of Worsts. もしくは「無料(ただ)より高くつくものはない」

今回の失敗を繰り返さないために敢えて恥を晒しておく。 私はマゾじゃないよ,念のため(笑) あっ,あと「日経 as a 楽天」とか言ってゴメンね。 だって,まさか楽天を凌駕する evil なサービスがあるとは思わなかったもん。

いやね。 ただ私は Twitter 本(創業者がどうたらいう本)の無料キャンペーンで本を無料でゲットできればよかったのよ。 無料という言葉に騙された私が悪かったのです,ハイ。

「日経」と冠されているもので私がまじめに読んでるのは「日経サイエンス」と「日経エレクトロニクス」くらい。 しかも今年は資金繰りの関係で「日経エレクトロニクス」の購読は停止している。 紙の新聞や雑誌(=資源ごみ)をお金を出して買うなんてヘンタイの極みなので,なるべく厳選するようにしてるのだが,上述の2誌はその価値があると思っていた。

駄菓子菓子!

先月末だったかな,それとも今月に入ってからだったか。 日経系列のアカウントが「日経ID」として統合されたというので手続きしたのですよ。

そしたらその直後から spam (余談だが大文字で SPAM と書くと商品名になってしまうので必ず小文字で書くこと)の嵐。 「やぁこれはしまった」というのでメールが来る度に配信停止の手続きをしているのだが,一向に止まないのよ。 特に「日経ストア」と「日経BPメール」が酷すぎる。 日に何通も次から次へと来る。 しかも内容が激しくくだらないのよ。 どのくらいくだらないかというと,バイアグラの広告メールと同程度にはくだらない。

もう完全に頭にきたのでアカウントを削除することにした。 ちまちま配信停止手続きなんかやってらんねー!

駄菓子菓子(2度目)

呆れたことに,日経IDには Web 上で退会する手段が提供されていないのだ。 解約ページ(このページを見つけるだけでどエラ苦労した)に行くと下のほ~うに以下の表示がある。

「なんだ,ここで解約できるぢゃん」って思うでしょ。 私もそう思ったさ。 でもこのボタンをクリックすると

なんと問い合わせフォームのページに飛ばされるのだ。 しかもこのページには解約についてひとっ言も言及されてない。

もうね,目を疑ったよ。 なんどもオペレーションをやり直してみたさ。 でも結局このページに飛ばされる。

!!!!!!客をナメるのもいい加減にしろ!!!!!!

もう本当に頭にきて問い合わせフォームに罵詈雑言の嵐をぶつけてやったよ。 したら返信で

「ご連絡いただいたメールアドレスよりご登録状況を確認したところ、氏名が一致しなかったため、個人情報保護の観点よりクレジットカードお預かり機能の削除をいたしかねます。」
日経BP社 より)

などとよこしてきた。 まぁ向こうにしてみれば言われ慣れてることなんだろうね。 ここでようやく私も冷静になったのさ。

馬鹿を相手にしたら馬鹿になる

というわけで,今後は粛々と解約手続きに入りたいと思います。 どうなるかお楽しみに。

ちなみに日経IDでは一度クレカ情報を登録すると削除できない(変更はできる? かもしれない)。 もうひとつ Web Money Card を登録しようとしたらものすごい勢いで怒られた。 どうやらプリペイドカードはお気に召さないらしい。

2011年の PSN の事例を引くまでもなく,このような evil なサービスは早晩致命的な失敗をやらかすに決まってるので,とっとと撤退したいところである。 企業のこのようなくだらない「セキュリティ劇場(security theater)」に付き合う義理は,ユーザにはない。

(そう思って退会した mixi は案の定,稚拙な攻撃にもかかわらず,事後の処理に失敗して被害を拡大させている)

あと,同業者として言わせてもらうが,こんな evil な実装した開発会社は今すぐインターネットに土下座して謝れ! (ってなことを言うと,往々にして知り合いに当たったりするんだよなぁ。世間は狭い)

photo
セキュリティはなぜやぶられたのか
ブルース・シュナイアー 井口 耕二
日経BP社 2007-02-15
評価

暗号の秘密とウソ 暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで スティーリング・ザ・ネットワーク―いかにしてネットワークは侵入されるか 信頼と裏切りの社会 新版暗号技術入門 秘密の国のアリス

by G-Tools , 2014/06/27