Baldanders.info

Creative Commons Japan のサイトがだいぶ変わってる

久しぶりに Creative Commons Japan のサイトを覗いたら,ずいぶん変わってる気が...

CC0 日本語版リリース

まずは CC0 日本語版リリースおめでとうございます。

Medium でも書いたけど,「日本版」ではなく「日本語版」。 たとえば CC-license 2.1 日本版は明示的に日本法を準拠法としたライセンスだが,今回の CC0 日本語版CC0 1.0 Universal の日本語訳に過ぎない。 ただし, GNU GPL などに見られる「参考訳」ではなく Creative Commons 本家が認める公式の翻訳である。 なので,実際に CC0 を設定する場合には日本語版のページを指示して問題ないし,(日本語が読めるかどうかは別にして)国際的に通用する。

各国用に port したライセンスでは国家間の整合性が問題になるが, CC-license 4.0 や CC0 は国際版のみ提供されているので,そういったものに悩む必要はなくなる(むしろライセンスを国内でどう解釈するかが問題になるのだが,そのための「翻訳版」というわけだ)。 ガラパゴスに引きこもってる場合ではない。 いまやリアル社会も好むと好まざるにかかわらず World Wide Web なのだよ。

WordPress.com かよ!

実はこのニュースを知ったのは本家の記事のほうが先だった。 CCjp の記事は知らなくて, CC0 関連の情報を確認するためにサイトを訪れたら「なんだ,日本語記事も上がってるよ」と気づいたのだった。

またサイトの構成が変わってるじゃん。 構成を変えるのはいいけど,古い記事の URL を変えるなよ。 またリンク張りなおさないといけないじゃんか。 RSS の feed も登録し直さなきゃ。

ちうわけで,私がよく参照する古い記事のリンクを挙げておく。

FAQ は変わらずか。 そろそろ FAQ を更新してくれないかなぁ。

てか WordPress.com にホスティングしてるのか。 Jekyll / Octopress ですらJekyllが許されるのは小学生までだよねとか言われるご時世に WordPress とか。 いや,いまだに MTOS にしがみついてる私が言うことじゃないが(でも MTOS のサポートは年内に切れるので,近いうちに他の CMS へ移行するよ)。

もうどこでもいいから URL を変えるのは勘弁してください。

というわけでクリエイティブ・コモンズ・ライセンスについてを更新した。 そうそう。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについて元のページから分離させた(いや,追加許諾と同じページなのはやっぱり筋が悪いなぁ,と思って)。 元のページには分離したページへのリンクを置いている。 これもそろそろ Free Culture などと関連付けてちゃんと書き直した方がいいんだよなぁ(commonsphere/CCjp は Free Culture とか眼中にない感じだけど)。

参考ページ

参考図書

photo
フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリエイティブ・コモンズによる創造の循環
ドミニク・チェン
フィルムアート社 2012-05-25
評価

電脳のレリギオ:ビッグデータ社会で心をつくる インターネットを生命化する プロクロニズムの思想と実践 暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator) シェアをデザインする: 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場 みんなのビッグデータ: リアリティ・マイニングから見える世界

国内における Free Culture の事例が豊富。取っ掛かりとしてはちょうどよい本。

reviewed by Spiegel on 2015/05/07 (powered by G-Tools)

photo
著作権2.0 ウェブ時代の文化発展をめざして (NTT出版ライブラリー―レゾナント)
名和 小太郎
エヌティティ出版 2010-06-24
評価

著作権法がソーシャルメディアを殺す (PHP新書) 「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの始まりなのか (光文社新書) 著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書) ビジネスパーソンのための契約の教科書 (文春新書 834) REMIX ハイブリッド経済で栄える文化と商業のあり方

名著です。今すぐ買うべきです。

reviewed by Spiegel on 2014/08/02 (powered by G-Tools)