« ローレンス・レッシグ インタビュー | メイン | 自動作曲と著作権 »

青空文庫を読もう

(この記事は「もっと辺境から戯れ言」に投稿した記事です)

この中で「青空文庫」の新着情報 RSS が紹介されています。 「青空文庫」とは, 著作権が消滅した作品や「自由に利用して構わない」作品を通常テキストおよび HTML で公開していくプロジェクトです。 作品をテキストにおこす作業もボランティアベースで行われています。 (「各種分散コンピューティングプロジェクトの紹介」では, 「人力系」プロジェクトのひとつとして紹介されています)

青空文庫の楽しみ方には色々あります。 公開されているテキストをダウンロードして読む方法の他にも 「銀河/メール銀河」 経由で携帯端末から読む方法もあります(「H”でインターネット。銀河を使いこなす。」)。 aozora blog では以下のような利用法も紹介されています。

もし TeX や Ruby が使える方でしたら青空文庫のテキストを TeX 形式に変換する方法もあります。 (TeX ファイルから DVI ファイルをタイプセットし, 更に PDF ファイルに変換することもできます)

私は高校時代に寺田寅彦さんにかなり影響されまして(他にもたくさん影響されましたが), 学校の図書館で寺田寅彦さんの本を貧り読んでいたおぼえがあります。 これらの作品がインターネットという場でお手軽に読めるようになったというのは幸せな事だと思います。 このプロジェクトに関っている全ての方々に感謝します。

Tags:
2004-01-11T13:58:00+09:00 Spiegel (licensed) [雑感] このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

現在 spam 対策のため Trackback Auto Discovery を無効にしています。 あしからずご了承ください。

トラックバック URL:

コメント