« DEEP IMPACT MISSION | メイン | OpenPGP 関連リンク集 »

公的個人認証サービス

(この記事は「もっと辺境から戯れ言」に投稿した記事です)

今月29日から「公的個人認証サービス」が開始されますが, 長野県だけはサービス開始時期を遅らせるようです。 「公的個人認証サービス」は住基ネットと連動するサービスなので, (住基ネットの安全性に疑問を呈している)長野県としてはむしろ当然の措置だと思います。

「住基ネット」そのものについては色々と議論がありますが, それに連動する「住基カード」や「公的個人認証サービス」についてはあまり話題に上ってこないように思います。 たしかにこれらのサービスはオプショナルなものであり「選択しない」こともできますが, 「住基カード」に様々なアプリケーションが載ってくるようになると, そのような悠長なことは言っていられなくなるかもしれません。

「公的個人認証サービス」は GPKILGPKI とは全く別物のようです。 ただし GPKI と相互認証する予定はあるようです。 「公的個人認証サービス」が具体的にどのような PKI を構成するのかよく分からないのですが, 長野県の資料(PDF)を見る限り GPKI とは相容れないようにもみえます。

以下は関連する資料です。(2004/01/29 最終更新)

Tags:
2004-01-28T01:28:51+09:00 Spiegel (licensed) [暗号・セキュリティ] このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

現在 spam 対策のため Trackback Auto Discovery を無効にしています。 あしからずご了承ください。

トラックバック URL: