« Meeting with Prof.Lessig | メイン | SETI@home 候補信号再観測についての現状報告 »

「使用者」にとっての GPL

(この記事は「もっと辺境から戯れ言」に投稿した記事からの転載です)

プログラムの(利用者ではなく)使用者については GPL の免責事項について「合意」を形成しているとはいえないかもしれない, というのは考えつきませんでした。 もともと GPL というのはソースコードの「著作権者」と「利用者」との間で交わされるものであり, 単なる「使用者」は適用外です。(単に使用しているだけだから自由に使えばよいという立場) また消費者保護法との関連も気になるところです。

なお SOFTIC の報告書では「同一性保持権侵害の成否が問題になるケースはあまり多くない」と書かれています。

Tags:
2003-12-06T17:00:54+09:00 Spiegel (licensed) [CODE・コモンズ] このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

現在 spam 対策のため Trackback Auto Discovery を無効にしています。 あしからずご了承ください。

トラックバック URL:

コメント